国画会が運営する日本最大級の公募展。

国展

no image

第92回国展

    国展

開催概要 会場 国立新美術館(東京・六本木) 期間 2018年5月2日(水)~5月14日(月)※5月8日(火)休館 午前10時~ >続きを読む

no image

第92回国展一般出品票請求フォーム

    国展

こちらは第92回国展で初出品される方のための出品票請求フォームです。  

第92回国展出品要項

    お知らせ, 国展

第92回国展出品要項 出品の際は出品票が必要となります。出品票は1つの部門につき1枚必要です。 例)絵画部・版画部両方に出品され >続きを読む

第89回国展推挙者・受賞者作品紹介

    過去の国展

新会員 黒田 皇(絵画部) 眠りからの目覚め 小阪 のり子(絵画部) INOCHI-1 冨井 綾子(絵画部) 頭の中の地図 鳥井 >続きを読む

no image

第81回国展

    過去の国展

開催概要 会場 六本木 国立新美術館 期間 2007年5月2日(水)~ 5月14日(月)※5月8日(火)休館 午前10時~午後6 >続きを読む

no image

第82回国展

    過去の国展

開催概要 会場 六本木 国立新美術館 期間 2008年5月1日(木)~ 5月12日(月)※5月7日(水)休館 午前10時~午後6 >続きを読む

no image

第83回国展

    過去の国展

開催概要 会場 六本木 国立新美術館 期間 2009年4月29日(水・祝)~ 5月11日(月)※5月7日(木)休館 午前10時~ >続きを読む

no image

第84回国展

    過去の国展

開催概要 会場 六本木 国立新美術館 期間 2010年4月28日(水)~ 5月10日(月)※5月6日(木)休館 午前10時~午後 >続きを読む

no image

第85回国展

    過去の国展

開催概要 会場 六本木 国立新美術館 期間 2011年4月27日(水)~ 5月9日(月)※休館日なし 午前10時~午後6時(入場 >続きを読む

no image

第86回国展

    過去の国展

開催概要 会場 六本木 国立新美術館 期間 2012年5月2日(水)~ 5月14日(月)※5月8日(火)休館 午前10時~午後6 >続きを読む

no image

第87回国展

    過去の国展

開催概要 会場 六本木 国立新美術館 期間 2013年5月1日(水)~ 5月13日(月)※5月7日(火)休館 午前10時~午後6 >続きを読む

no image

第88回国展

    過去の国展

開催概要 会場 六本木 国立新美術館 期間 2014年5月1日(木)~ 5月12日(月)※5月7日(水)休館 午前10時~午後6 >続きを読む

no image

第89回国展

    過去の国展

開催概要 会場 六本木 国立新美術館 期間 2015年4月29日(祝・水)~ 5月11日(月)※休館日無し 午前10時~午後6時 >続きを読む

第91回国展出品要項

     2016/12/21  国展

第91回国展出品要項 出品の際は出品票が必要となります。出品票は1つの部門につき1枚必要です。 例)絵画部・版画部両方に出品され >続きを読む

no image

第91回国展一般出品票請求フォーム

    国展

こちらは第91回国展で初出品される方のための出品票請求フォームです。     

no image

第91回国展 ※終了しました

     2017/07/31  国展

開催概要 会場 六本木 国立新美術館 期間 2017年5月3日(水・祝)~5月15日(月)※5月9日(火)休館 午前10時~午後 >続きを読む

90回記念国展推挙者・受賞者紹介

     2016/10/23  国展

新会員 麻田 征弥(絵画部) ひととき 碓井 恵子(絵画部) 果てしない夢(化身) 大沼 蘭(絵画部) スペース・オディティ S >続きを読む

no image

90回記念国展

     2016/09/20  国展

美術の春・公募展は日本の文化 国画会は美術の春に、90回記念国展を迎えることになりました。 大正14年に国画創作協会の第二部とし >続きを読む

no image

90回記念国展一般出品要項請求フォーム

     2016/04/26  国展

90回記念国展出品票請求フォームからのお申し込みは終了しました。   90回記念国展出品票は搬入会場にもございます。係員にお声掛 >続きを読む

no image

有志による自然保護・社会奉仕のためのチャリティー

     2016/03/31  国展

ごあいさつ 私たち美術家は日常、美の創造と探求を旨としていますが、他方、現代社会に生きる一員として、今日の高齢化社会や地球温暖化 >続きを読む


▲ページ先頭へ