版を楽しむ その2 銅版画技法          | 国展

国画会が運営する日本最大級の公募展。

版画の種類と刷り→銅版画技法 YouTube 作家の作品情報

銅版画技法 ー版を楽しむ その2ー              

銅版画(エッチング) 15世紀初頭ヨーロッパで開発された技術で、たくさんの技法を生み出しました。銅版画に用いられます。

種類;銅版、ドライポイント、メゾチント、エングレービング、エッチング、 アクワチ ント,コラグラフ、紙等コラージュ、表面に凹凸を作る、グラビア印刷

工程;版に刻んだ凹部にインクをつけ、凹みにインクを詰め、凹み以外は拭 き取り、プレス機で加圧して紙に刷りとる。    

材料;銅板、亜鉛板、アルミ板、塩化ビニール板、ニードル、ヴュラン、ロッカー、ルーレット、ビニール加工紙、松やに、塩化第二鉄、硝酸など。    

エッチングの制作過程

銅版画の制作過程

ou-kouzou

凹版構造

 

     

 

 


▲ページ先頭へ