国画会が運営する日本最大級の公募展。

和田薫子(織)わだかおるこ WADA Kaoruko

2003 秋の花  74×154  絹

77回 2003 秋の花  74×154  絹

2004 死者に永遠の安息を  78×130  絹

78回 2004 死者に永遠の安息を  78×130  絹

2005 春光  223×82  絹

79回 2005 春光  223×82  絹

2006 春の湖 195×80

80回 2006 春の湖 195×80

2007 永久の花 220×90

81回 2007 永久の花 220×90

2008 夕日を受く花 250×83

82回 2008 夕日を受く花 250×83

2009 あしびの花の咲く頃 253×75

83回 2009 あしびの花の咲く頃 253×75

2010 花織帯地 580×39

84回 2010 花織帯地 580×39

2011 藍地花織帯地

85回 2011 藍地花織帯地

2012 花織布 帯

86回 2012 花織布 帯

2013 マダガスカルの光 帯地

87回 2013 マダガスカルの光 帯地

2014 カナリア色の天蚕糸 210X55

88回 2014 カナリア色の天蚕糸 210X55

2015 金糸雀色の天蚕糸 帯地

89回 2015 金糸雀色の天蚕糸 帯地

wadakaoruko1694

90回記念国展 2016 マダガスカルの金色の天蚕糸 帯地  アフリカのマダガスカルのやせいの金色の天然糸をいかしての作品です

91回国展  2017 マダガスカルの光と大地 帯地 マダガスカルの山地に自生している金色に輝く野生の繭を用いてマダガスカルの風土を表現しました


▲ページ先頭へ