国画会が運営する日本最大級の公募展。

太田策司 銅版画展 中和ギャラリー(銀座)

記憶の果て・・・水のイメージによる表現

今回の個展によせてー
作品内容は「水」のイメージによる表現として「記憶の果て]というタイトルとなった。
 メイン分野の一つ『量界』のサブタイトルでミクロな世界を表現するのに「水」は身近にある最適のモチーフとなった。

ギャラリー入口

作品No2〜5<30cm x 36cm>

第1壁

作品No1<55 x 60cm>,5〜9<30cm x 36cm>

第2壁

作品No18〜19<30 x 36cm>,奥No20<36 x 42cm>

第3壁 最奥作品;BLankMirror(図録表紙)

作品No9,10  No 13〜15<30 x 36cm>

第2壁奥

各種

中央に図録

第4壁と5壁

空鏡シリーズと雫シリーズ

雫シリーズ

第5壁

入口付近の芳名台

雫シリーズ2

図録表紙&裏表紙

図録表紙&裏表紙

 

 

 

個展案内ページへ  作家作品情報ページ

     2017/03/23  版画の展示


▲ページ先頭へ